本文へスキップ

丈夫なバラを育てよう!

バラを病害虫から守る最善の方法は、できるだけ株を丈夫 に育てることです。育てる品種にもよりますが、特にシー ズンの初めに薬散するのが効果的です

 マミーブルー

木立ち性のハイブリッドティーです。
たっぷりとした花はブルーに近いモーヴ系。
紫系統に多い甘い豊かな香りがあり、切り花として部屋に飾るとステキです。
花名マミー・ブルーとは「おばあちゃんの青い服」の意。
その言葉のイメージどおりの優しいバラです。 
ナエマ
フレンチローズの中で一番人気のつるバラ。
花の香りと花付きの良さ、花形が魅力。 この「ナエマ」はデルバールのつるバラ中でも特に四季咲き性に優れています。
ディープカップの花形にソフトピンクの花色は、明るく上品な趣です。
香りはレモングラスやローズそしてフルーツの芳醇で爽やかです。
香りや花付きを重視するならこのつるバラをお薦めします。。
コルデスジュビリー
花のかたち 丸弁ロゼット咲き
咲きかた 四季咲き
花の大きさ
中輪 10cm

香り強さ 中香
樹形 つる性
最終樹高 2.5m  
スカーレットボニカ

 作出国 フランス ( メイアン )
作出年 2015年
花のかたち 丸弁平咲 赤色
咲きかた 四季咲き
香り強さ 微香
樹形 半横張り性
最終樹高 0.7m 前後
 マドモワゼル メイアン
 作出国 フランス メイアン社
発表年 2016年
花の色 オレンジがかったピンク 四季咲き性
花の形 丸弁ロゼット咲き
花の大きさ 12〜14cm
香りの強さ 微香
樹形 シュラブローズ(半横ばり性)
最終樹高 1.5 m
   ⇒見てみる バラのページ


おすすめお知らせ

20200318
マミーブルー
濃ラベンダー色で、花弁も多く、均整のとれた剣弁高芯咲き。フルーツとブルー・ローズの香り。四季咲き性が強く、シーズンを通してよく咲く。樹形は半直立性で、シュートの発生もよく、樹形が整いやすい。多肥や雨が続くと花が開ききらないことがある。

20200318
ナエマ

明るくエレガントに咲くソフトピンクのディープカップ咲き。
たくさん花をつけてくれる樹は、とげも少なめで育てやすいです。
フランスのブランド、ゲランの同名の香水に由来しています。
シトロネール、ローズとフルーツの香りは、甘くさわやか。
2006年ぎふ国際ローズコンテストで銀賞とベストフレグランス賞を受賞しています





2020318
コルデスジュビリー
咲き始めは黄色で、丸い花弁のふちから徐々に赤くチェンジングします。15cmになる巨大輪で夏場でも見ごたえのある花が咲きます。株は直立性でよく伸び、寒冷地では木バラに、暖地ではシュラブ性ツルバラになりますが、冬期に1mに切りつめると、木立性のような株になります。樹勢が良く、黒星病にはとても強いです。





20200318
スカーレットボニカ 「メンテナンスの手間が少ないバラ」として開発された「ボニカ(R)」シリーズに新しく仲間入りしたバラです。非常に育てやすく、手間をかけずに絶え間なく咲いてくれます。見ごたえのある花をつけても力を落とさず、咲きながら次の枝を成長させ、繰り返し咲くほど、強健で樹勢も強いです。うどんこ病、黒星病に非常に強く、ビギナーや植栽にお勧めです。国際コンクールで多数受賞もしています。




2020318
マドモワゼル メイアン
 
メイアン家の女性たちへのオマージュとして捧げられたバラです。内側から輝くような明るい色の花が、温かく包み込むように咲きます。シュラブ状に伸びる枝は、誘引すればつるバラに、短く切ると春に木バラのように咲きます。秋の花つきは少なめです。軽やかでレモンバーベナに似たフルーティーな香り。
2016年モナコ国際コンクールグランプリ、2017年ラターチタ金賞・芳香賞、他。